コタニホームの思い

新しくマイホームを建てられるお客さまの
お手伝いをさせて頂いております。

これまでにも、たくさんの方々の木の家を造らせて頂きました。
どうして、そんなに木の家にこだわるのかというと、暮らしてみると分かるのですが、優しいんです。
木の優しさに、とても癒されるのです。

年月が経つほどに深まる色や思い出を刻んでくれるのです。
木は生きています。たとえ家になっても生きています。
最近は、特に自然素材を使った家を建てる方が増えました。
みなさんが、木の良さを気づかれたからだと思います。

流行を追いかけるようなデザインの家もいいと思います。
しかし、何十年も生活する家は、家族の安らぐ場所になれるようにと、いつも考えています。

一年に何十棟も建設することはできませんが、一棟一棟、丁寧な仕事をこれからもしていきたいと思っています。

 

良いものを残すことも大事です。

私たちは新築の家だけでなく、リフォームなどのお手伝いもさせて頂いております。
その時にいつも気を付けるのは、『良いものは残す』という考えです。

たとえ家が古くなっても「丈夫な梁」や「柱」など、昔だからできた立派なものがあります。
これを取ってしまうのは本当にもったいない、どうにか活かす方法を考えてリフォームするのもプロの仕事だと思っています。


人と人とのご縁を大切に・・・

良い家を造るだけで、仕事が終わったとは思っていません。
お客さまが何十年も安心して暮らせるように、困ったことが起こったら、いつでも飛んでいけるように心がけています。

地元の皆さんの役に立てる工務店になりたいと思っています。
これからも木の家にこだわって、本物の家づくりを続けます。
私たちで役に立てることがあれば、なんでもご相談ください。
全力でお手伝いさせていただきます。

代表取締役   小谷 潤一郎