tel. 0956-83-2359

モノトーンに、赤が映える家

落ち着いた色の外壁に赤の玄関がインパクトの戸建住宅。片流れの屋根も特徴的です。
将来、ご夫婦双方の両親と一緒に暮らすことを想定して、家全体の間取りを考えました。
読書好きのご家族で、2Fに上がる階段には読書スペースも設けました。

施主さんの想いに、こんな形で応えました

  • モノトーンに、赤が映える家

    小上がりの和室

    引き戸を開くとリビングと一体になる風通しのよい和室。小上がりにすることで、ゆるやかに空間を区切っています。床下は大収納を備えたユーティリティスペースに。

  • モノトーンに、赤が映える家

    赤のアクセントが映えるキッチン

    深い色合いの床材に、ワイン色のキッチンがアクセント。奥には便利なパントリー。大量のストックもこのスペースにスッと収まります。

  • モノトーンに、赤が映える家

    白と黒のインテリア

    白い壁にダークブラウンの材で統一された落ち着きのある内装。天井を縁取る枠や巾木、窓枠も同じカラーリングで統一しています。

主な外部仕上げ
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:サイディング
ドア:アルミ
主な内部仕上げ
床:WOODONE
キッチン・風呂・トイレ:TOTO
所在地
長崎県東彼杵郡川棚町
家族構成
30代夫婦+子供2人
延床面積
162㎡
敷地面積
332㎡
工期
4カ月
構造形式
在来軸組工法